男性と話したくない女性
  • ホーム
  • Lシトルリンで早漏を改善できるのか

Lシトルリンで早漏を改善できるのか

男性の性機能に対して最近ではLシトルリンが注目を集めていますが、Lシトルリンは一体どういった効果があるのか分からない人も多いようです。
Lシトルリンはアミノ酸の一種で、遊離アミノ酸に分類されており、体内で必要なアミノ酸が不足していると、アルギニンへと変換して利用されます。
また、再びアルギニンがLシトルリンへと変換され、その際に一酸化窒素を生成し、血管を拡張することで血流の改善を行うことができます。
アルギニンは男性が性機能を改善しようと思ったら、よく耳にする成分だと思いますが、精力剤などに使用されているアミノ酸のひとつで、筋組織の生成や疲労回復などの効果があります。
血管拡張によって血液が循環しやすくなるので、男性器が勃起する際に、陰茎へと血液の増進が期待されています。
つまり、Lシトルリンは男性器の勃起に関わっており、サイズアップにも期待できるとされるものです。
ここで早漏の改善に利用できるのかという問題ですが、正直に言うとあまり期待はできません。
そもそも早漏は射精がコントロールできない状態であり、男性器が刺激に弱いか、自律神経が深く関与しており、脳内の神経物質が異常に増加することで、射精のスイッチが入り我慢できずに発射してしまうようになります。
Lシトルリンではこれらに作用する効果はないので、脳内物質の鎮静作用のあるセロトニンを増やす方法を考えた方がいいでしょう。
ただし、Lシトルリンで男性器がサイズアップすると、刺激に対してやや鈍感になる可能性があり、男性器が敏感になって射精するような器質性の早漏であれば、ある程度の効果は見込めるようです。
早漏の原因によりますが、改善と言えるほどの効果は期待できないので、始めから別の手段を講じた方が良いでしょう。

人気記事一覧